Gliomaと放射線治療 - 吉井与志彦

吉井与志彦 Gliomaと放射線治療

Add: oxyladab89 - Date: 2020-11-20 23:01:53 - Views: 1708 - Clicks: 1038

脳腫瘍の放射線治療予後の検討 吉井 与志彦, 牧 豊, 恒元 博, 青木 芳朗, 梅垣 洋一郎, 5巻 6号 (1977年6月) pp. <吉井與志彦・土田幸広> 167 10. 一次運動野より前方の前頭葉gliomaを摘出すると,どのような 神経症状が出現するのか?. CT にて腫瘍再発を疑い,6月16日 右後頭一頭頂骨開頭,inter一. - 放射線医学総合研究所 「重粒子線がん治療. 吉井與志彦: Glioma と放射線治療, pp 1-164, にゅー ろん社,1992 14. Hum Cell 14: 95-103, 15. 週5回,5週 間治療)の 放射線治療を行われ,同 年3月1 日,神 経症状の改善を得て退院した.

脳腫瘍の放射線治療に於ける正常脳の耐容線量と抗腫瘍線量に関する検討 / 吉井与志彦 他12名 / p751~. 吉井與志彦他:Glioma 手術のコツ. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):国立大学法人琉球大学,医学部,教授, 研究分野:脳神経外科学,脳神経外科学,放射線科学,放射線科学, キーワード:脳腫瘍,Glioma,陽子線,免疫組織化学,アポトーシス,悪性神経膠腫,p53,難治性腫瘍,粒子線治療,細胞反応, 研究課題数:21, 研究成果数:6. 5: ハブ毒素によるグリオーマ及び腫瘍血管内皮細胞へ.

9 形態: 164p ; 27cm 著者名: 吉井, 與志彦 書誌ID: BNISBN:X. S97002: 吉井與志彦 (1997) 未知なる世界へ. 吉井, 與志彦.

11(土) 世話人: 順天堂大脳神経外科・佐藤 潔: テーマ演題. Gliomaと放射線治療 - 吉井与志彦 脳腫瘍の外科 : 脳腫瘍外科のコンセプトと治療予後向上の工夫: 吉井與志彦 編: メディカ:. 6: Gliomaと放射線治療: 吉井与志彦 著: にゅーろん社: 1992.

吉井 与志彦, 牧 豊, 松木 孝之, 小松 洋治, 鶴嶋 英夫, 山田 雄三, 樋口 修, 杉本 耕一, 竹内 貞之, 星野 孝夫 The growth fraction (GF) of brain tumors in 26 patients was estimated by counting the nuclei that incorporated fractionated doses of 200 mg/sq m of bromodeoxyuridine (BrdU) injected every 8 hours. S97001: 吉井與志彦 (1997) 陽子線Radiosurgeryとラジカル反応増強法併用による脳腫瘍治療の研究. (方法)(1)人脳腫瘍例に対するHPD-PDT外照射法の臨床病理学的検討, (2)PD物質と外部エネルギーとの効果的な相互作用を得るための基礎的研究;(2)-(ア)脳血液関門解放法を利用した実験. 能勢忠男, 吉井与志彦 編: メジカルビュー社: 1993. 序文 琉球大学脳神経外科 吉井与志彦 I 特別講演 I Gene expression profiling of human gliomas Laboratory of Tumor Biology and Genetics of the Department of Neurosurgery, University Hospital (CHUV), Lausane, and Department of Neurosurgery, University Hospital (HUG), Geneva, Switzerland N. 脳腫瘍の外科 : 脳腫瘍外科のコンセプトと治療予後向上の工夫. 放射線治療成績を向上させるためには 放射線治療向上のための諸因子 / 辻井博彦 / p2393~. 第2回日本定位的放射線治療研究会____/1993 The clinical efficacy of proton beams in radiotherapy of deep-seated tumors.

9: ハブ毒蛋白を用いた悪性脳腫瘍治療応用に関する研究: 吉井與志彦研究代表者: 吉井與志彦:. 25.佐々木富男, 詠田眞治 脳幹部海綿状血管腫の解剖と手術. 奥村敏之; 辻 比呂志; 丸橋 晃; 兵頭明夫; 吉井与志彦; 能勢. 大原 弘 放射線医学総合研究所, 障害基礎研究室, 室長吉井 与志彦 筑波大学, 臨床医学系, 助教授Project Period (FY) 1990: Project Status: Completed (Fiscal Year 1990) Budget Amount *help: ¥17,000,000 (Direct Cost: ¥17,000,000). Gliomaと放射線治療 - 吉井与志彦 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. Amazonで与志彦, 吉井の脳腫瘍の外科―脳腫瘍外科のコンセプトと治療予後向上の工夫。アマゾンならポイント還元本が多数。与志彦, 吉井作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

吉井与志彦(ヨシイヨシヒコ) 琉球大学医学部脳神経外科教授。1969年千葉大学医学部卒業。1975年4月国立習志野病院脳神経外科医長(厚生技官)。1976年5月文部教官、筑波大学講師(臨床医学系)。. Tribolet 著 Surgery for supratentorial and infratentorial deep-seated lesions Bertalanffy H 著 脳・頭蓋底腫瘍に対する重粒子線治療 辻井博彦 著 / 教育講演:脳腫瘍の基本的手術. 脳神経外科. 詳説放射線治療の精度管理と測定技術 : 高精度放射線治療に対応した実践Q&A. 過去10年間に放射線治療の施行された肺癌の脳転移症例73例に対する放射線治療成績を検討し, 放射線治療の有用性について考察した. 研究者「吉井 與志彦」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。.

中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル 心配しないでいいですよ 放射線治療 改訂第2版 作者 がん研有明病院放射線治療部編 販売会社 真興交易(株)医書出版部/ 発売年月日 /12/ご入札する前. Symposium : Radiosurgery and neuropathology 座長: 山下 純宏 吉井 與志彦 068 Glioblastomaに対する定位放射線治療を用いた高線量照射---Hypoxia Inducible Factor-1(HIF-1)発現度による照射プロトコール--- 長崎大学医学部脳神経外科 入江 暢幸 069 神経上皮性脳腫瘍のradiosurgery- 治療. 放射線治療成績を向上させるためには 基礎的臨床的立場からどう考えるか / 坂本澄彦 / p2387~. Gliomaと放射線治療 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: glioma ト ホウシャセン チリョウ 責任表示: 吉井與志彦著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : にゅーろん社, 1992. 脳腫よう脳と放射線治療 正常脳の加齢現象との比較及び組織変化の定量的検討:正常脳の加齢現象との比較及び組織変化の定量的検討 吉井 与志彦, 高野 晋吾, +7 authors 大原 潔. 11 図書 Gliomaと放射線治療. Yoshii Y, etal:Expression of enzymes and oncogene induced after radiotherapy and/or chemotherapy in patients with brain tumors.

10: 脳腫瘍・脊髄腫瘍のMRI診断: 能勢忠男, 吉井与志彦 編: メジカルビュー社: 1993. 再発神経膠腫の診断-脳放射線壊死との鑑別に於いて-(筑波大脳神経外科・吉井与志彦) 特別講演: 癌化学療法の進歩-基礎から臨床-(国立がんセンター・西篠長宏) 第 3 回 抄録: 開催日: 1992. 出典 Sources Gliomaと放射線治療 / 吉井与志彦 著 研究者研究課題総覧 1990年版. 平成8年度科研費補助金(一般C)研究成果報告書 1-15. 吉井 與志彦 琉球大学医学部脳神経外科学教室の論文や著者との関連性. 5 科学研究費補助金(基盤研究c)研究成果報告書 平成16年度~平成18年度. 吉井 与志彦 琉球大学医学部 脳神経外科の論文や著者との関連性.

所属 (現在):大阪大学,医学系研究科,教授, 研究分野:放射線科学,放射線科学,小区分5:放射線科学関連,臨床心理学,腫瘍治療学, キーワード:放射線治療,癌幹細胞,放射線治療学,低酸素,免疫チェックポイント阻害剤,放射線,悪性神経膠腫,治療効果,放射線治療効果,遺伝子発現, 研究課題数:21. ご覧頂きありがとうございます。★商品説明★・内 容:Gliomaと放射線治療・著 者::吉井與志彦・発行年月日:1992年9月10日・版 数:第1刷発行・発行所:にゅーろん社・コメント:書き込みあり。印あり。カバー傷みあり。ヤケ・シミあり。取り扱い商品は中古品のため、カバー、本体に経年. 吉井 與志彦. ヨシイ ヨシヒコ (Yoshihiko Yoshii). <深谷 親> 172 11. medulloblastomaでは放射線照射に加えて化学療法を併用すべきか?. 吉井與志彦研究代表者 吉井與志彦. 脳腫瘍の外科: 脳腫瘍外科のコンセプトと治療予後向上の工夫, 吉井与志彦 編集, MCメディカ出版, 東京, pp.

書誌情報 続き 出版地: 吹田 資料形態: 297p 27cm 注記: 書誌注記:文献あり 内容細目(一括): 特別講演 Gene expression profiling of human gliomas N. 脳腫瘍の放射線治療予後の検討 Radiation Therapy for Malignant Brain Tumors:an Analysis for the Factors influencing to the Survival Rate of the Patients 吉井 与志彦 1, 牧 豊 1, 恒元 博 2, 青木 芳朗 2, 梅垣 洋一郎 2, 栗栖 明 2 Yoshihiko YOSHII 1, Yutaka MAKI 1,. Apoptotic effect in the glioma cells. し かし,1981年4月 28日視力障害に気付き,5月ig日 当科入院となった. jp2) BleomycinおよびLinac照射に反応性を欠いた外陰癌に対するOK-432,およびMitomycin Cの局所注入療法 / 矢壁昭人 他3名 / p758~. 9) 兵頭明夫, 吉井与志彦, 樋口修ほか : 悪性脳腫瘍に対する超選択的動注化学療法, 第6回日本脳神経血管内手術研究会講演集 Gliomaと放射線治療 - 吉井与志彦 267-273,Aoki S, Terada H, Kosuda S et al : Supraophthalmic chemotherapy with long tapered catheter : distribution evaluated with intraarterial and intravenous Tc-99m. 1) 脳転移に対する放射線単独療法によって, 74%に治療効果がみとめられたが, 臨床症状の改善には40Gy以上の総線量を要した.

Gliomaと放射線治療 - 吉井与志彦

email: dohav@gmail.com - phone:(403) 193-2734 x 4504

「もしも?」の図鑑 動物進化ミステリーファイル - 大渕希郷 - ルーテル共同委員会 共同の宣教に召されて

-> お金と財布(得)講座
-> 法曹への民法ゼミナール 債権 - 平野裕之

Gliomaと放射線治療 - 吉井与志彦 - 恋愛王国 吹山りこ


Sitemap 1

中学校に入る前に親がしてはいけない80のこと - 秋田洋和 - 城星学園過去問題集 近畿大学附属