マルセル・デュシャン - 東野芳明

マルセル デュシャン 東野芳明

Add: eqitete64 - Date: 2020-12-03 02:55:57 - Views: 2463 - Clicks: 8667

絵画を放棄したデュシャンは新しい芸術活動をはじめました。 彼の活動を支える二つの大きな軸といえるのが、「レディ・メイド」作品と《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》、通称「大ガラス」です。 1915年、初のニューヨーク滞在中に天井から吊り下げた雪かきシャベルを「美的な楽しみには決して左右されなかった」としてデュシャンは「レディ・メイド」と名付け、《折れた腕の前に》というタイトルをつけました。. デジタル版 日本人名大辞典+Plus - 東野芳明の用語解説 - 1930- 昭和後期-平成時代の美術評論家。昭和5年9月28日生まれ。東大卒業の昭和29年,「パウル・クレー試論」で美術評論新人賞。以後,マルセル=デュシャンをはじめ欧米の現代芸術を中心に評論を展開。30年代後半に登場した前衛的美術に. マルセル・デュシャン フォーマット: 図書 責任表示: 東野芳明著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 美術出版社, 1977. 東野 芳明(とうの よしあき、1930年 9月28日 - 年 11月19日)は、東京都出身の美術評論家。 来歴・人物.

マルセル・デュシャン: 東野芳明: 美術出版社: 1977 初版 &92;5,000: 程度A-~B + (裏表紙値札剥がし痕少) &92;4,900 デッシャン学の泰斗の「遺作」が公開されるまでに書いたマルセル・デュシャン論の集大成。 a568: デュシャンは語る. 《彼女の独身者によって裸にされた花嫁、さえも(通称:大ガラス)》は、1915年から1923年の8年の制作期間にわたって制作されたマルセル・デュシャンのオブジェ作品である。 この作品は、鉛の箔、ヒューズ線、埃などの素材と2つのガラスパネルを使って制作されたものであり、偶然の要素. 「竹一重切花入」は、千利休(せんのりきゅう)が天正18年の小田原攻めに同道し、伊豆韮山(にらやま)の竹をもって作ったといわれた作品をもとに作られたものです。真竹の二節を残し、一重の切れ込みを入れた簡潔な作です。利休は陶工など職人が精巧に作った器や花器ではなく、傍らにあった竹を花入に用いて絶大な価値を持たせました。これは、究極の日常品(レディメイド)です。 展覧会のみどころトップへ. マルセル・デュシャン エッチングシリーズ 東野芳明 1987年 M. 東野芳明:「マルセル・デュシャン」,(美術出版社,1977) 2. 東洋において書は、造形の最上位に置かれたのですが、日本では絵画や諸工芸とも密接に関わりました。 能書家の光悦(こうえつ)は、自らの書を俵屋宗達(たわらやそうたつ)など一流の絵師に下絵を描かせ、その上に文字を書しました。その文字の形は、字の示す意味だけでなく、文字そのものの形と配置が美と直結したものでした。 展覧会のみどころトップへ. 5 形態: 325p ; 22cm 著者名: 東野, 芳明(1930-) ISBN:書誌ID: BN04924663.

デュシャンがニューヨークのアンデパンダン展に便器を匿名で送りつけ、展示しようとしたのが1917年でしたが、このレディ・メイドは「芸術」とは何かを、鑑賞者に問いかけています。 またその一方で、《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》(《大ガラス》)や遺作《(1)落下する水、(2)照明用ガス、が与えられたとせよ》の上で、図像学的な物語を鑑賞者に読み解かせようとします。 この作品によるデュシャンの鑑賞者に対する問いかけの姿勢、それがデュシャンというアーティストの重要な根幹をなしているといえるでしょう。 1957年4月に開催されたアメリカ芸術家連盟の総会で、芸術家のマルセル・デュシャンは「創造過程(The Creative Act)」という講演を行い、そこでこのようなことを述べています。 デュシャンはここでアーティストの創造行為において、鑑賞者の存在の重要性を強調しています。 かつて芸術家は完全な個人として認知されていましたが、それをデュシャンは既製品を使った「レディ・メイド」作品、鑑賞者に物語を読み解かせる《大ガラス》、別人格の「ローズ・セラヴィ」による活動などを通して否定し続けました。 近代において創造的行為はある特定の個人によって完成されるものではなく、作品内部にある観念を鑑賞者それぞれが思考することによって作品と外部世界との間につながりをもたらすのだ、と主張したのです。 デュシャンの後の世代に続くポップ・アーティストたちや、ミニマル・アートを牽引したドナルド・ジャッド、そしてコンセプチュアル・アーティストたちは、皆デュシャンを師と仰いでいます。 こうした観念的なものを芸術と見定め、作品における鑑賞者の存在を重視したデュシャンの功績は、その後の20世紀美術の骨格として発展していきます。 作品やその人物像において多くの謎を残しながらも、デュシャンが「現代アートの父」と呼ばれ多くのアーティストや研究者から重要視される所以は、ここにあるのです。. See full list on muterium. 日本の絵巻物は、独自の発展をとげました。特に「異時同図(いじどうず)」という描写方法は、同じ風景や建物のなかに、同一人物が何度も登場して、時間や物語の経過をあらわします。絵巻物をひも解き、開きながら絵を鑑賞することで、絵巻を見る人は、登場人物たちが生き生きと動き出すように感じるのです。絵巻物は、まさにアニメーションの祖先ともいえるでしょう。 展覧会のみどころトップへ. 紀伊國屋書店 1999.

マルセル・デュシャン - 東野芳明 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. More マルセル・デュシャン - 東野芳明 images. 2》が「裸体は横たわるもの」と非難され、デュシャンは展示を断念します。 これは以降の彼の進む方向を決定する、重大な出来事でした。 画家ではない、まったく新しい芸術家としての可能性を探る道を、ここで選択することになったのです。 デュシャンはこれ以降、ギュスターヴ・クールベ以降の絵画作品を「網膜的」として非難し、「観念としての芸術」を提唱することとなりました。. 第1部は、フィラデルフィア美術館が企画・監修、アジアの3会場で巡回開催する「デュシャン 人と作品」(The Essential Duchamp)展です。「現代美術の父」と称されるマルセル・デュシャン()の作品および関連文献資料、写真などにより、デュシャンの人生と60年以上にわたる芸術活動を時系列でたどります。 展覧会を通して語られるのは、彼の人生そのものです。フランスおよび米国での彼の生涯においてカギとなる場面や重要な活動、また人間関係を概観、彼の作品や現代美術における重要性を紹介するとともに、彼の多様な人となり、さらに、芸術と生活の垣根をなくそうとするさまざまな試みを紹介します。展示作品は、1912年ニューヨークで発表、デュシャンを一躍有名にした《階段を降りる裸体 No. マルセル・デュシャン「遺作論」以後 / 東野芳明著 資料種別: 図書 出版情報: 東京 : 美術出版社, 1990. マルセル・デュシャンの作品とともに、デュシャンに向き合った現代美術家の作品を展示して20世紀美術をとらえなおす展覧会カタログ。 秀友画廊 第7回オマージュ瀧口修造 マルセル・デュシャンと瀧口修造.

マルセル・ブリヨン著 ; 瀧口修造, 大岡信, 東野芳明共訳. 東野が生涯にわたり交友を深め、作品考察を行った芸術家にマルセル・デュシャンとジャスパー・ ジョーンズらがいます。 東野は、富山県美術館の前身である富山県立近代美術館の草創期から1995年に病に倒れるまで、美術館の運営委員や企画展のコミッショ. 1 形態: 465p ; 22cm 著者名: 東野, 芳明(1930-) 書誌ID: BNISBN:. マルセル・デュシャン フォーマット: 図書 責任表示: 東野芳明著 出版情報: 東京 : 美術出版社, 1977.

Marcel Duchamp : after "On Marcel Duchamp&39;s posthumous work" タイトル読み. 7 形態: 121p ; 23cm 著者名:. ゴールディング 著 ; 東野芳明訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : みすず書房, 1981. その間、78年から80年にかけて、マルセル・デュシャン本人の許可のもと、彼の代表作である「花嫁は彼女の独身者たちによって裸にされて、さえも」(1915-23年、フィラデルフィア美術館蔵)のレプリカ制作を東京大学と共同で行うプロジェクトの中心として. 照明用ガス》 (通称《遺作》)は、デュシャンとフィラデルフィア美術館との関係を大変よく示す作品です。この作品は、デュシャンがフィラデルフィア美術館内の、自身による《大ガラス》が設置してあるすぐ近くの空間に設置することを想定して制作していたもので、彼の最後の作品となりました。彼は20年以上誰にも言わず、秘密でこの作品を部分ごとに制作していました。死後、この作品の制作について記した彼のメモが見つかり、その制作していたすべてのパーツをフィラデルフィアに移送、組み立てたのが、現在同館に常設されている《遺作》です。この作品のいくつかのモチーフは《大ガラス》と共通するものであり、彼は《遺作》が常に大ガラスと近くにあることを強く望んでいました。 このセクションでは、《遺作》を映像で紹介するとともに、制作に至るまでの彼のアイデアノートやメモ類、さらに《遺作》の一部となったオブジェや展覧会の写真など、彼の最後の作品の制作状況を生々しく伝える資料を展示します。 展覧会のみどころトップへ.

Amazonで東野 芳明のマルセル・デュシャン (1977年)。アマゾンならポイント還元本が多数。東野 芳明作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. *「⼤ガラス」(展⽰は複製東京版、1980 原品マルセル・デュシャン作監修︓瀧⼝修造、東野芳明 東京⼤学駒場博物館蔵) この作品は、デュシャンが1915年から23年の間取り組み、未完のまま放置されていました。1926年ブルックリン美術館で. 『虚像の時代 ---東野芳明美術批評選』や『レオナルド・ダ・ヴィンチ (新潮美術文庫 4)』や『マルセル・デュシャン「遺作論」以後』など東野芳明の全48作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。.

はじめに、1902年から1912年までの間の「画家」としてのデュシャンの事績を追います。1902年に絵画制作を始めた後、デュシャンは印象主義から象徴主義、そしてフォヴィスムにいたるまで、さまざまな前衛的な様式に実験的に取り組みました。彼が15歳のときに描いた《ブランヴィルの教会》(1902)から、キュビスムに対する独特な取り組みによりデュシャンの名を広く知らしめることになった《階段を降りる裸体 No. 東野芳明『マルセル・デュシャン』、美術出版社、1977年。 滝口修造『コレクション 滝口修造 3』、みすず書房、1996年。マルセル・デュシャン/ピエール・カバンヌ『デュシャンは語る』岩佐鉄男・小林康夫訳、筑摩書房、1999年。. マルセル・デュシャン : 彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁, さえも フォーマット: 図書 責任表示: J.

ギャラリー Marcel Duchamp 匿名配送 このオークションは終了しています. Amazonで東野 芳明のマルセル・デュシャン「遺作論」以後。アマゾンならポイント還元本が多数。東野 芳明作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 東野芳明『マルセル・デュシャン』美術出版社, 1977; ジョン・ゴールディング『デュシャン彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』東野芳明訳、アート・イン・コンテクスト:みすず書房, 1981. 東野 芳明(とうの よしあき、1930年 マルセル・デュシャン - 東野芳明 9月28日 - 年 11月19日)は、東京都出身の美術評論家.

東野芳明のデュシャン/中原佑介のデュシャン 平芳 幸浩(京都工芸繊維大学) 本発表は、雑誌『美術史』第177 冊に掲載された論文「戦前期日本におけるマルセル・デュシャ. 作者が独自に考え抜いて作り上げた、世界に唯一無二の「一点」にこそ、芸術としての価値があるものと考えられています。しかし近世以前の日本では前例に則り、まさに「模倣(コピー)」が当然のように行われていました。400年の歴史を誇り、日本の画壇に君臨した狩野(かのう)派の絵師たちは、連綿と描き続けられた手本をもとに多くの絵画を制作していたのです。 展覧会のみどころトップへ. この章では、通常の「絵画」制作を止めたデュシャンがその後どのように進んだか、1912年から1917年までの活動をたどります。この時期デュシャンは、伝統的に理解されていた絵画の枠を押し広げ、そこから飛び出しました。彼の最も重要な傑作の一つ、《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》(通称《大ガラス》)(1915-23)を構想したのはこの時期で、その制作に取り掛かったのは、彼がニューヨークへ移住した後です。 また、いわゆる「レディメイド」*と呼ばれる一連の作品の制作をはじめたのもこの時期でした。「レディメイド」は、ある機能をもった物品を本来の日常的な用途から切り離し、「作る」という概念に相対するものとして、「芸術作品」として「意味づける」ことでした。このセクションでは、フィラデルフィアにある《大ガラス》*の原品を写真で紹介するとともに、東京大学駒場博物館所蔵の《大ガラス》複製(東京版)を展示、デュシャンの制作意図と作品の意味を考えます。 展覧会のみどころトップへ. 美術出版社, 1990. 2》(1912)、その後いわゆる「画家」としての最後の作品《花嫁》(1912)まで、油彩画を中心に彼の幼少期の写真、生家や故郷の風景、家族の肖像写真をともに展示、「画家」デュシャンを紹介します。 展覧会のみどころトップへ. 古来、日本の絵画は、記号化された形象によって事物を表現していました。つまり視覚的なリアリズムが、ほとんど求められていませんでしたが、江戸時代の浮世絵師・写楽は伝統的な絵の描き方を学ばなかったため、女形を演じる役者を男として描くなど、歌舞伎役者を見たままに描こう(リアリズム)として非難されたのでした。 展覧会のみどころトップへ. 東野芳明とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。. このセクションでは、1920年代および1930年代のパリ滞在、そして第二次世界大戦中に亡命者として過ごしたニューヨークでのデュシャンを取り上げます。 1921年、彼は職業を芸術からチェスへ転換しようといい始め、プロのチェス・プレイヤーであるかのようにチェスへと没頭しました。また、1920年代には自らの分身として「ローズ・セラヴィ」と名付けた女性に扮し、この人格のもと、ダジャレや語呂遊びなどの言葉の実験を試み、新たな制作に取り組みました。また、遠近法や視覚に関する長期間の研究の蓄積に基づいた、機械的な仕掛けに取り組んだのもこの時期です。 一方、デュシャンは、ニューヨークでの反芸術活動「ダダ」と活発に交流していました。こうした活動・交流は、フィラデルフィア生まれの写真家で、デュシャンがたびたび共作した、「ダダ」の中心人物の一人であるマン・レイ()の協力を得て1926年に制作した前衛的な短編映画『アネミック・シネマ』に結実します。 1930年代半ば、デュシャンは自分自身の作品を複製というかたちで再考することに興味をもち、《トランクの中の箱》(1935-41)としても知られる作品のミニチュアからなる携帯用の美術館が生み出されました。 1940年代には、デュシャンの存在が再び美術界に戻ってきます。彼は、若い芸術家を紹介する展覧会の企画者となり、芸術家としてではなく、企画者あるいはキュレーターという裏方として活躍、有名になっていきます。いわゆる芸術家としてではなく芸術活動に携わること自体により、芸術あるいは芸術家とは何か、という垣根を打ち破っていくのです。 展覧会のみどころトップへ.

2》をはじめとする絵画、便器を「アート」にした《泉》を含むレディメイド、映像、写真や、豊富な関連の文献・写真資料など、フィラデルフィア美術館が誇る世界有数のデュシャン・コレクションが一堂に会します。 生涯を通じてデュシャンは「決して繰り返さない」「同じことをしない」よう、常に新しい表現方法を模索し続けました。一方、その根底に流れるコンセプトや表現モチーフは一貫しています。このある種の矛盾と、それぞれの時期の彼の制作物・行為がつながっていることを、作品と資料で明らかにしてゆきます。 The Essential Duchampwas organized by the Philadelphia Museum of Art. See full list on tnm. マルセル・デュシャン Format: Book Responsibility: 東野芳明著 Language: Japanese Published: 東京 : 美術出版社, 1977.

1 形態: 465p : 挿図 ; 22cm ISBN:著者名: 東野, 芳明(1930-) 書誌ID: BN注記: Marcel Duchamp年譜: p425-444 文献目録: p445-458 作品目録. 横山正、東野芳明、マルセル・デュシャン: 被写体詳細: 人物(左から):横山正、東野芳明/ 作品:マルセル・デュシャン《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》 撮影日: 1979年11月10日: 展覧会名: 大ガラス――東京ヴァージョン制作. 5 形態: 325p ; 22cm 著者名: 東野, 芳明(1930-) 書誌ID: BNISBN:. マルセル・デュシャン「遺作論」以後 フォーマット: 図書 責任表示: 東野芳明著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 美術出版社, 1990.

マルセル・デュシャン「遺作論」以後 - 東野芳明 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. ゴールディング (東野芳明訳):「デュシャン 彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁,さえも」,(みすず書房,1981) 3. Definitions of 東野芳明, synonyms, antonyms, derivatives of 東野芳明, analogical dictionary of 東野芳明 (Japanese) マルセル デュシャン イサクロン イゴ. デュシャンと二人の兄たち 1913年(左からマルセル・デュシャン、ジャック・ヴィロン、レイモンド・デュシャン=ヴィロン) jpg デュシャンは1887年、フランスはノルマンディー地方の裕福な家庭に生まれました。 父は公証人で兄2人、姉一人(早逝)、妹3人の7人兄妹の3男でした。 新聞や譴誌に風剌漫画を寄稿、版画工房で働き、美術職工の試験に合格したことで兵役を免除されます。 兄たちの後を追って画家を志していたデュシャンは、この頃自身の作品としてキュビズムなどから影響を受けた絵画作品を制作していました。 そんな中、1912年、25歳の時にパリのアンデパンダン展で《階段を降りる裸体No.

マルセル・デュシャン - 東野芳明

email: ypifus@gmail.com - phone:(941) 899-7348 x 8302

大牟田高等学校 平成26年 - 柴田康平 レキヨミ

-> 広報・PR実務 - 日本パブリックリレーションズ協会
-> 究極のラーメン<静岡版> 2019

マルセル・デュシャン - 東野芳明 - 仮面ライダーBLACK 石ノ森章太郎


Sitemap 1

楽聖少女 - 杉井光 - パッとブック 加賀城匡貴